次善策ではあるけど、こいつの場合静観してた方がよっぽどマシだったと思う。

さっぱり思い当たるフシがないのですが…。

計都2号、2回目の飛行。
いまだ複雑な動きはできません。

いつの間にかHouseTargaryenが復活していました。約2か月ぶりのログインになります。

広島の橋下琴絵は、一時期本人ではなく選挙事務所を担っていたネット右翼である元夫が中の人というのが定説だったように思います。今となっては何が真実かわかりませんが。

大抵の道徳主義者は差別を「心の問題」と勘違いしてるんですね。

日共、というよりほとんどのボリシェビズムは例外なく2段階革命論であり、彼らにとって共産主義とは即ち極楽浄土みたいなものなので、経済学説史に位置付ける意味はさほどありませんね。

@Dakutanou
ブルジョアジーの方が階級問題に関しては死活的課題だったりするわけで、客観的分析に関しては優れてたりしますね。ジョージ・ソロスなど、そのへんの左翼以上に『資本論』を読み込んでいるようです。
反面、左翼の方が極端に理念的だったりセクト的だったりします。
階級問題と差別問題の切断は端的にアルチュセールやフーコー以降の現象と理解してます。

@Dakutanou
まさにその通りですが、実は結構ありがちな考え方ともいえます。
明治政府の政体を「絶対主義天皇制」と規定した所感派=日共潮流はもちろん、比較的マシな分析をおこなった労農派=戦後社会党左派においても天皇制や差別問題は「封建遺制」にかかわる問題に過ぎす、結局は「経済外的強制」としか理解できませんでした。大方の新左翼諸潮流も同様でしょう。ほとんどの自称左翼は民主主義者や人権論者の延長に過ぎません。

「法的・形式的には平等」なんて理屈、200年くらい前に論破されてますが…。
いや、「パンがないなら菓子を喰え」のレベルか

この人、このツイートの後なぜかフォローしてきた。
twitter.com/beliefemirai/statu
「暴動は駄目だが抗議ならOK」。「暴動」と「抗議」は本質的に同じであり、それをどういう言葉で評価するかは論者の社会的・階級的立場によって変わる。メディアが親米国家の反政府運動家を「テロリスト」と呼ぶのに反米国家におけるそれは「民主化勢力」と呼ぶように。
ある意味、石破の「デモはテロ」発言も、その弾圧衝動を批判すべきとはいえ論理自体は間違ってない。
実は先に引用した事件、資料によっては「抗議」や「押しかけ」と表現しているものもあったが、僕は学生逮捕に抗議した通行人、見物人の人々に敬意を表し、あえて「襲撃」という表現を用いた。
先の人は、僕が「抗議」と書けばよかったのか? 権力者やメディアが「襲撃」と表現したら内容も調べないまま切り捨てるのか? 石破発言の真の恐ろしさは、むしろこういう自主規制の強要と思うのだが…。
「大部分の黒人は暴力などに手を染めず言論で抗議している」などと傍から分断を強制する某映画評論家みたいな人が最近増えてきた。まさに「権力の第五列」。危機的な状況である。

実は近代以前の日本、というよりアジア全般では、欧米の「善悪」観念のような二分法的価値意識は希薄でした。例えば「裏日本」も現在では蔑称ですが、近代以前の〈裏・表〉はほぼ等価。「裏口」のように、裏は「ケの領域・内側」くらいの意味だったようです。
中国的道教世界の〈陰・陽〉思想もその両者は全く等価で、西洋の「マイナー・メジャー」とはまったく意味が異なります。
つまり、日本で黒に否定的な意味が付与されたのは明らかに最近の事です。
安土桃山時代の日本にも黒人の侍がいたわけで、「日本語で黒をネガティブに用いる慣例が出来た時代に黒人はいなかった」という前提からして間違ってますね。

ちなみに、「社会契約」は後付け理論に他なりません。「万人の万人に対する闘争状態」は先行する現実的な資本制生産を基礎として生まれた市民社会の所産であって、その意味で一応社会の現実ではあるのです。
資本主義こそがリヴァイアサンなる観念を支えているという唯物論的事実は繰り返し再確認される必要があると思います。

体制内改良主義は「国家の健全な発展のため必要な存在」として権力からも重宝がられます。
「戦前左翼はすべて弾圧され壊滅した」と勘違いしてる人も多いのですが、実はそんな事ありません。大政翼賛会の中にも「社会主義」を掲げつつ政治活動をおこなってた人々はたくさんいます。というか大政翼賛会自体「左翼」が主導したものですし。
むろん、その条件は「国家暴力の承認」です。
むろん、暴力装置の一環たる天皇制への指示も含めてですが、その範囲でなら国に対する多少のケチツケくらい容認されてました。

シュナがいい事言ってるの一度も見た事がない

Show older
House Targaryen

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!